News/Blog

Quick work.

Blog 2018.05.28 Monday

koitattoo1.jpg


通常、直接描いてそのまま彫るという所謂フリーハンドでのタトゥーイングはまだまだ未熟なもので、メインモチーフに対してはしませんが、サブモチーフやバックグラウンドには鍛錬も含め、日々取り入れております。

よって当方では、簡単な物でない限り当日彫る事は下絵を描く時間、待って頂く事になります。
物によってそれが30分なのか、2時間なのか分かりませんが。。
時間の制限がある中で描くので、ある意味自分に常に備わってる力しか出せませんし、絵のジャンルも固定されてる彫師ならともかく、多方面に対応してる場合はどのジャンルの絵を求められるのかすらその時になるまで分かりません。
実際時間がある方が下絵のクオリティは勿論高いです。よってお互いの為にも一度打ち合わせにという流れでございます。

しかしながら海外から旅行で来ている場合のように、突発的なパターンもあるのが現実です。
旅行日程によっては一度打ち合わせして翌日彫ったり、中2日ある場合などなど最善策として下絵にかける時間をなるべく確保して望むようにしています。

今回は当日のみ。
紹介者の方も海外に居ましたので、、、打ち合わせも片言でなんとかまとめ、後はいつものように身体に一度描いて、ご本人自身の目で見てもらうって感じです。

koitattoo.jpg

色はなしでサイズも小振りな鯉をという事で、位置とサイズ感、雰囲気などを確認してもらいます。
鯉も昇りか降りかはこちらで説明して今回は昇りに。
そしてこの方ファーストタトゥーでした。

一生モノを異国の地で、それもたいして言葉も通じないような自分にウェブサイトで作品をチェックしたとはいえなかなかの事だと思います。


koitattoo2.jpg


気の利いた事も言えず申し訳ない気持ちもありましたが、無事終わり喜んで頂けたので良かったです。
ファッションも雰囲気のある紳士でした。


Work by Satoshi