News/Blog

般若タッチアップからの甲羅彫り

Blog 2015.10.14 Wednesday

遡ること1年半前、この途中の段階で相談に来られたお客様でした...

740.jpg

Before


当該彫師さんの体調不良等で続きが行えないことから、自分が直接その方から彫師を辞める旨も伺ったので、続きを受ける事にしました。

細かく打ち合わせを何度かして、まず般若を仕上げる事から始まり、その後お客様の希望範囲とバランスを考え甲羅彫りにする事になり、先日細かい最終調整はまだありますが、仕上がりました。


本当に綺麗に通ってくれる方で、滞りなく最善のペースで仕上がったと思います。


一年以上の期間、仕事でもプライベートでも様々な事があったでしょう、実際色々なお話も聞きました。それでも休まれる事も根を上げる事も勿論なく、当初からの一貫した気持ちで向き合って頂きました。

それは本当に誰もが出来る事ではなく、言葉ではなく常に行動で示されていました。

大作を仕上げるには気持ちが無ければ、気持ちが薄まれば仕上がりません。
お金、時間、痛みの我慢を最後まで貫き通し、完成までのその経過こそ、その方の背負える物の大きさが変わってくるものかと思います...
全て自己の意志と自己責任の上で、背負える範囲の物しか体には入ってはいないのです。
それを超えてしまった人は消す事を考え、傷を得る事になる...

一度大きなものを彫ると決めた際、男の器に値するものとも思います。

こちらはその気持ちに応えるべく仕事をする訳ですが、その過程で言葉や知識ではなく姿勢から学ばせてもらう事が多くありました。つくづく、双方の気持ちが同じようにないと成り立たない事だなと実感もします。


今回のこの方の背中でまた自分が成長できたと思うと、感謝してもしきれない程です。

初志貫徹


742.jpg


744.jpg


743.jpg

741.jpg

Hannya and Snake with "Koura" background

本当にお疲れ様でした!