News/Blog

烏天狗

Blog 2018.03.16 Friday

天狗の伝説や物語は全国各地でそれぞれ諸説在りますが、今回は魔縁天狗を。

IMG_0802.JPG
work by heiwa


額や見切りを使わず抜き彫りなので、色味や細工で"日本刺青"として渋い雰囲気どうを出すかが専ら考えております。

痛みがキツイ部位ですが気合で後数回、宜しくお願いします!


First and Last

Blog 2018.03.10 Saturday

軍荼利明王

Gundarimyouou.jpg

背中一面のみ!
激しくお勧めです。

夏でも半袖でどこにでも行けますしね。
日本的な隠す美学の最高峰ではないかと。


長々下絵をお待たせしておりましたが、ようやく一発目。
彼にとってはこれがファーストタイムです。

Gundarimyouou1.jpg


一発目からかなり長時間やらせてもらいましたが、なんせ軍荼利明王は腕の本数や持物なんかも多くてですね、その上各腕に腕釧、臂釧に留まらず蛇まで巻き付いてる訳です。5時間くらいスジ引いてました。。


身長も180以上あるので、かなり縦長の制作範囲になりますが、バランス良く立像を突っ込みます。
来週には下半身に進みます。
次回も頑張りましょう。お疲れ様でした!


Work by Satoshi

DONE

Blog 2018.03.06 Tuesday

B&G  "Jesus"

IMG_6221 - コピー.JPG

IMG_6228.JPG

IMG_6224.JPG

打合せ時に色々話をさせて頂いて、大幅なオーダーの変更。


色々ご自身で調べてから今回の作品に相成りました。

IMG_6225.JPG


work by heiwa

現状だとジーザスが浮いているので、ゆくゆくは背景やサブモチーフを追加して身体に馴染ませていければと思います。

一先ずお疲れ様でした!

日本刺青

Blog 2018.03.02 Friday


彫り物とは片腕だけでは呼べません。


snaketattoo2.jpg

後は主題の蛇のみ。

snaketattoo1.jpg

浅めの控えはど真ん中に何かしらを突っ込む為。

まずは両かいなの仕上げまでもう少し我慢ですね。


Work by Satoshi

All-Seeing

Blog 2018.02.26 Monday

キリスト教の摂理という意味である、プロビデンスの目。


IMG_0603 (1).JPG

work by heiwa


首回りの日焼けが気になるところですが、自分的に挑戦した事もあるので治りが楽しみです。

ファーストタトゥー、お疲れ様でした。

Memento mori 

Blog 2018.02.21 Wednesday

日頃大変お世話になっている成田さん。

その成田さんのお店"Consigliere" Jewelry Store。

依頼を頂き、こちらの The "First" Memento Mori Skull Ring with mandibleをモチーフに描く。


mementomori1.jpg

画材は鉛筆のみ!
強いて言うならあとはねり消し...

こうして仕事として携われるのは嬉しい。成田さんのお店で見れます。

mementomori.jpg


スキャンデータよりもちゃんとフレームに入れた方が雰囲気も良いです。
このフレームに収まる事も踏まえて描いた意味があったのかも。

このメメント・モリ。

自分自身、結構死を意識して生きている方だと思っているのですが、お客さんの中には"Memento mori"と言葉をそのまま彫ってる方もいます。

その内の一人、今月の6日にアルブレヒト・デューラーのプレイングハンズを。


prayinghandstattooo.jpg


何度も同じ絵で彫ってきたものですが、毎回少しでも以前より良くしようと思い、自身で下絵を描いてから彫っています。


翌日7日、この方も腕には"Memento mori"

所謂マリア様ですが、イメージ的にはThe Virgin Mary よりはHoly Mother って感じです。


virginmary.jpg

ラフスケッチの様にいったパターンです。
太めのラインも一発で彫ってるので痛みきつそうでした。。
お疲れ様でした!

そんなこんなで、この翌日8日に上のスカルリングの絵が出来ました。

ちょっとした偶然の3日間。


そしてなんと、Consigliereでのこの"Memento mori" スカルリングは3部作だそうです!


お後がよろしいようで...


Work by Satoshi

Texasbluebell

Blog 2018.02.15 Thursday


またの名をEustoma、日本ではトルコキキョウ(ギキョウ)などと呼ばれているようです。

flowertattoo1.jpg

かなーり薄めに淡く彫ってますので、落ち着いたら更に薄く感じるはずです。
経年変化でボケ過ぎないようアウトラインは取ってます。


flowertattoo.png


落ち着いた写真も欲しいですね。
お疲れ様でした!

Work by Satoshi

From overseas.

Blog 2018.02.09 Friday

海外からのお客さんがどんどん増えて来ました。

国内のお客さんでも大きなものは様々事情があり、片腕でさえ仕上がってない方も居ますが、国外の方でしっかり仕上がっていく様は日本の精神性さえ感じます。


kingyotattoo.jpg


wavetattoo.jpg


メルボルンから遥々。
4月から反対側の腕もスジ走ります。


namakubitattoo.jpg


こちらはこれで3つ目でしょうか。
パリから毎度ありがとうございます!

今月もシドニーから背中一面のお客さんもスタートします。
英語も進歩させねば。。。

Work by Satoshi

白浪物

Blog 2018.01.30 Tuesday

歌舞伎狂言の演目"船打込橋間白波"の主人公、鋳掛屋松五郎。


堅気な鋳掛屋として働いていた中、両国橋の上から船遊びしている金持ちを見て地道に働く事が嫌になり、盗賊になったが最終的に悪事を悔いて自害する  

という話です。

話の中では松五郎に刺青があるという記述はありませんが、刺青の見どころとして創作しました。


IMG_0415.JPG

IMG_0419.JPG

work by heiwa

構図に動きが無いので随分さっぱりしていますが、二重彫りをした事で豪華さ出たかと思います。

次回もよろしくお願い致します。


Inside Arm

Blog 2018.01.17 Wednesday


腕の中でも内側は、他者からよりも自身で見る事が多い部位ではないかと思います。


tigertattoo.jpg

体に動きがない時はほとんど見えませんし、思いっきりタトゥー入れてますという感じでもないので、与える印象は柔らかくなりますね。


rosetattoo.jpg


普段見えない分、タトゥーを入れてない人と思われていて、ふとした時に目に入るインパクトは外側よりもあるかなと。


scripttattoo2.jpg


同じデザインでも彫る部位によって、大きく善し悪し分かれます。
沢山イメージする事は重要です。

Work by Satoshi

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11