News/Blog

筋肉痛

Blog 2011.11.16 Wednesday


何故か筋肉痛です。

3回目のセッション。


57.jpg

毎回無理なく少しづつ進めてます。


最近の寒さで痛みもなんだか鋭くなりそうなので...
たまにはキャンドルの暖かい光に包まれて。

56.jpg

ほっと休憩するのも良いもんです。

このキャンドルは差し入れでマミちゃんからの頂きもの。

本人がフィジーから買い付けた物らしい。
キャンドル以外にボディバターとオイル。

58.jpg

どれもリゾートな香りでまったりできます。


自分は全身にバター塗りたくりです。

着々と

Blog 2011.11.12 Saturday


必ず完成に向かって進みます。

後退はありませんからね。
我慢した分だけ前に進むもんです。

55.jpg

今回は砂時計を。
落ち着いたらかなり薄めの塩梅になります。

54.jpg

羂索もちまちまやりました。

本当に完成が見えてきた。
長い長い道のり。

一回来れば必ず一回分進むからなぁとSちゃん。

こんだけ彫ってても思う事は至ってシンプル。

何事も積み重ね。継続は力なり。

合わせて彫る

Blog 2011.11.07 Monday


以前に違う方が彫ったものがあって、それにテイストを合わせてなど。
要望があれば何にでも応えていきたい次第です。

今回は右腕に入ってるものにテイストも合わせ、左腕に元々入っていた文字とも絡めつつでした。


53.jpg

とにかく何彫ってても楽しい今日この頃です。

気になる

Blog 2011.11.02 Wednesday


膝付近の血管がぼこぼこと。

一回病院で見てもらったら大した事無いから大丈夫とは言われたものの、
ご年配の方に多い下肢静脈瘤?みたいなものらしいです。
以前と違って今は歩いて通勤してるし多少の運動にはなってると思うけど...


でも、しばらく痛かった肋骨の痛みは無くなりました。


強いて言うなら筆圧が強いせいか中指が痛い。
爪も変形してるしペンダコ?マシンダコなのか分かりませんが酷いです。


彫ってる時は彫られてる人だけが痛みに耐えてると思いきや、
まさかの自分も指の痛みに耐えてるという。


でも脇腹は本当に痛い。


52.jpg

これまた色々と意味を隠して含めたデザインになってます。

シンプルにどストレートな感じですね。
自分もまだ片側の脇腹が空いてるので恐怖です。


この間歩いてる時に前を歩くおじさんが「ん~ん~」唸りながら手拍子を打ってて、
まるでその手拍子につられて自分が歩いてるみたいな感じになって注目されてしまいました。

恐怖です。

カラーの良さ

Blog 2011.10.30 Sunday

51.jpg

フラッシュの反射が酷くてすいません。
約1年半ぶりの続きK君。嬉しいです。

今回は龍の青以外の細かい部分を。
膝下一周してるので裏側もありますが、完成してからまた載せます。


ブラックだけのトライバルや、B&G(ブラックアンドグレイ)も勿論好みで別れるところですが、
やはり背景に黒がありモチーフがカラーというのは定番で安定感抜群。
カラーの背景も面白いですけどね。

続きの方は間が空いても気まずく思わずに来て頂けると嬉しいです。
完成が何よりですから。

宜しくお願い致します!

Lettering

Blog 2011.10.28 Friday


50.jpg

サンスクリット。
梵語ですね。

これまた痛いところに。

49.jpg

横から見るとこんな感じで、前回彫った太陽(内側に月)とのバランス。
サンスクリットの雰囲気に合わせたのでしっくりきますね。

世間はHalloween week!

ですが、カボチャのオーダーはありま...せんね。

NO PAIN NO GAIN

Blog 2011.10.26 Wednesday


バンクーバー在住、シェフのBilly。

48.jpg

自らが最初に使ってたシェフナイフの形をモチーフに。

これは約2年ぶりの2つ目。
また日本に来たら増やしていく予定との事。

あまりに大きいサイズだと旅行中などは少し億劫ですが、
このぐらいのカードサイズならケアもそこまで大変じゃないので旅に合わせて彫るのも良いですね。


それってなんか洒落てますよね。なんか。

追加作業

Blog 2011.10.21 Friday


秋です。

秋良いですね~。

良くある事ですが、当初の彫る範囲の予定が急に変わったりします。

一度彫ったものを無くす事はできませんけどね。
付け足しは可能です。

まず星を。

42.jpg

からの、

45.jpg
月と星。 星を彫ってから一週間後だったのでまだ肌がてかってますね。

更に来週また腰にと。ありがとうございます。
頑張って行きましょう!


44.jpg

こちらも当初は内側まで無かったのですが。

46.jpg

龍の体と足追加です。

どちらも一回でデザインした方が効率は良いのですが、
彫ってから感じる事やこうしたいという様なヴィジョンが明確になってくるんでしょうね。

気持ち分かります。

自分は腕五分から七分そして九分と追加に追加しましたから...
その時の自分の環境もありましたからね。

何にせよ考え抜いて創り上げていきたいものです。

Blog 2011.10.17 Monday


この地球の自然ある環境の中

人が英知を奮っても

どんなに神や仏にすがっても

それを前には無力でしかない

それが時間。

43.jpg

完成楽しみです。


毎日の時間を大切に。

Design

Blog 2011.10.12 Wednesday


最近の事なんですが、絵の描き方が変わったというか。


この表現も良いな、でもこっちの表現も良いなで定まらない事が増えたように思います。

良く言えば頭で選択できる表現方法の引き出しが増えたのか?
悪く言えば自分の絵というスタイルがそもそもたいして無いのに更に無くなったか。

でも自己表現ではないし、依頼あっての仕事だから。
だけど、その中で自分の感性を少しでも表現できていればそれが正解なのか。
自分の絵を理解してほぼお任せの依頼もあれば、その逆も勿論ありますし。


突き詰めて自分のスタイルを見出さなきゃいけないと思う反面、
まだまだ自分だけの感性だけじゃなく、クライアントの感性から影響を沢山もらわなきゃとか。
結局その結果自分のスタイルができてくるものなのか。


でもやっぱりタトゥーを見ただけで自分が彫ったものだと分かるように確立したい。


こういうスタイルのタトゥーの絵はこうした方が良いんだ!
という以前にはあった既成概念みたいなモノが、
自分の中で変わってきてるのかと思います。


そんなこんなで数回カウンセリングしてる方が多い今日この頃です。

41.jpg

鐘馗 in progress

24  25  26  27  28  29  30  31  32  33  34