News/Blog

飛び込み

Blog 2016.01.23 Saturday

思い立ったが吉日・・・と、サイトを見て遠くから来ていただきました。

持ち込みのデザインを当日に彫ってほしいとの事でしたが、ファーストタトゥーなので入念な打ち合わせの結果、オリジナルデザインを起こすことに。

d.jpg

Work by Heiwa


ファーストタトゥー、おめでとうございます!
    

総身 胸割り

Blog 2016.01.19 Tuesday


先は長いですが、一度決めたこと。
こちらも出来る限りを尽くします。

761.jpg

Work by Satoshi

真ん中の文字、左肩の仕上がってる龍は他処様です。

般若面

Blog 2016.01.10 Sunday

定番モチーフだからこそ、デザインするのが難しい...。色合いも難しい。。
でも、それなりに個性出てきたかなと。

760.jpg


758.jpg

般若 Hannya mask

3回での完成です!

759.jpg

Work by Satoshi

当日飛び込みの方

Blog 2015.12.22 Tuesday


渋谷という土地柄もあるのか、良くこれから彫れますか?とお問い合わせ頂きます。
本当にシンプルなものならすぐに出来るので、こちらの予約が空いてさえいれば可能です。

ご来店前に一度お問い合わせください。

少し複雑なものや大きさのあるものは、基本的には当日彫るよりも、デザインのクオリティを上げる為、数日頂けると有難いです...彫る側の自分達も少しでも良いものをと常々想っております。


757.jpg


756.jpg


755.jpg

こちらは飛び込みではありませんが、主に当日作業でした。

一度では終わらないものが多く、なるべくそれらは完成次第載せます。
今年もあと僅か、年内の内になんて考えてる生き急ぐ方...早めのご連絡を。


麒麟

Blog 2015.12.14 Monday

施術終了後一か月半が経ち、ある程度落ち着いたとの事でスタジオに寄って頂きました。

sf.jpg

kd.jpg

llv.jpg

Work by Heiwa

途中、数ヵ月空いていましたがしっかりと完成させて頂きました。

そしていよいよ上半身・・・・・・!!!

長いお付き合い、宜しくお願い致します!

Blog 2015.12.09 Wednesday


タトゥーでは大定番モチーフですが、表現方法でイメージは変わりますね。

同じボリュームで少しデザインを変化させて左右対に!
一回で二つ入るのは嬉しいですね。

754.jpg
Swallow

Work by Satoshi


お疲れ様でした!

隠し彫り

Blog 2015.12.04 Friday

;;i.jpg

Work by Heiwa

他人に見られずらい腋下に、"百慕々語"の慕々女"を配置。

綺麗・格好良い図柄等も良いですが、あえて人間の本質的な下心を彫るのも遊び心が効いていて、個人的にカッコいい!!と、思います。


まらうらめしや・・・・・・・・・・・・・


Blog 2015.12.02 Wednesday


シンプルかつ大胆に、胸のど真ん中に梟を。

752.jpg

"Owl of the flame"

Work by Satoshi



この胸の部位は羽のある鳥類にはうってつけの部位。
難しいところはサイズ感や細かいバランス。
体に対して大きすぎても小さすぎても格好がつかない。鎖骨からの距離や、乳首からの距離が近すぎても苦しい。
打ち合わせ時に、直接体にしっかり描き込み確認して、梟のデザインも他にないようなものでという事で任せて貰えたので、外側の羽にはお客さんの好きなものの中から炎を。

単純に羽の模様をリアルにいくと細かすぎるし、シンプルにするにしても特徴を出すのが難しいし、何か形のあるもので色々試した結果炎がお客さん自身にもこのデザインの雰囲気にも合うので採用。
左右ほぼ対称で胸の部位だからこそカッコイイかなと。
梟に角度がついてて、斜めの構図だと炎入れても微妙だなと思います。
胸に左右対称に炎が入るから良いんだと。

一度彫る予定の日に別のデザインでOKはもらっていたのですが、なんだか自分の中で今ひとつで、、、もう一度デザインする時間を頂き、ようやくこちらも納得できるレベルまでのデザインになりました。
勿論かなり痛みもキツイ部位ですが、動く事なく頑張って頂き、大量のスジ彫りも滞りなく終了。

今月中に週一で仕上げ予定。
個人的にも和洋その他ジャンルに囚われずに体に彫るデザインとして良い塩梅にできたと思うております。

やっぱり彫るなら意味のあるものじゃないと、、、と言われる方は多いのですが、わざわざ形にして傷をつけてまで彫るのですから、彫るという事自体に意味はあるんじゃないかと。

体に彫る以上、目で見る物ですから、格好良くないと、美しくないと、、、出来ればそこに尊厳を感じるモノであって欲しいなと思っております。

753.jpg

Peacock Feather

Blog 2015.11.23 Monday


色々な表現の仕方がありますが、今回はこんな感じに細かくいってみました!
このサイズにしてはかなりの種類の色数です。
落ち着いてからもチェックして最終調整できたら尚良しかと思います。

751.jpg
Work by Satoshi


お疲れ様でした!

Blog 2015.11.23 Monday

脇腹突入しました!!!

甲羅、渋い。。。。。

m.jpg

Work by Heiwa

13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23