News/Blog

Hidden

Blog 2018.05.17 Thursday


日本の刺青では薄ぼかしを使って風や水を表現して、その奥に絵が透けて見えるように彫る技法があります。
透かし彫りなんて彫刻のそれとはまた違いますが、そう言った呼び方をする人もいます。

しかし基本的にはそういった技法は部分的に使う事でポイントになったり絵のメリハリを手伝う事になったりするのですが、今回は敢えて全て薄ぼかしをかけて、メインモチーフの全てを風の奥にあるイメージで構成しました。

hidingsnaketattoo.png

ここから蛇本体をしっかりと彫り込んでいって、最後はイカズチに色をぼかして仕上がる予定です。
勿論右腕も近い雰囲気で仕上げます。

久しぶりに袖の長いお客さんです。
数ヶ所既存のタトゥーがありましたので、カバーアップもあってこの袖の長さになりました。

両腕揃った時のインパクトは強そうです。
まずは額終わり、お疲れ様でした!

Work by Satoshi