News/Blog

From Overseas

Blog 2019.04.02 Tuesday


ちょうど2年ぶりになりますね。
前回の龍がまだ仕上がってないのですが、それはまた来年という事になり、今回は新たに般若面を。
数年前と比べて、日本のモチーフに対しての理解や知識が海外の方にも浸透してきています。

逆に海外のモチーフへの勉強もこちらも必要ですし、どういった意味合いなのかを聞けるタイミングがあるのも様々な国から来て頂けてる醍醐味でもあります。

hannyamasktattoo2.jpg


以前も書いた事があると思うのですが、能面の般若には舌はなく、今回は割としっかりとした面をベースに描いてみました。


hannyamasktattoo3.jpg


面をベースにするか、浮世絵のように人をベースにするかで舌の有無を決めてたりします。
般若を中成として、生成と本成は舌があるので、般若面の特徴といえますね。

背景はドットだけで付けてみました。

明日はシドニーからの友人の彫師も来ますし、その数日後にはメルボルンからのお客さんも来ます。
この仕事でこうして交流が出来る事を素晴らしく思うております。



Work by Satoshi