News/Blog

Design

Blog 2011.10.12 Wednesday


最近の事なんですが、絵の描き方が変わったというか。


この表現も良いな、でもこっちの表現も良いなで定まらない事が増えたように思います。

良く言えば頭で選択できる表現方法の引き出しが増えたのか?
悪く言えば自分の絵というスタイルがそもそもたいして無いのに更に無くなったか。

でも自己表現ではないし、依頼あっての仕事だから。
だけど、その中で自分の感性を少しでも表現できていればそれが正解なのか。
自分の絵を理解してほぼお任せの依頼もあれば、その逆も勿論ありますし。


突き詰めて自分のスタイルを見出さなきゃいけないと思う反面、
まだまだ自分だけの感性だけじゃなく、クライアントの感性から影響を沢山もらわなきゃとか。
結局その結果自分のスタイルができてくるものなのか。


でもやっぱりタトゥーを見ただけで自分が彫ったものだと分かるように確立したい。


こういうスタイルのタトゥーの絵はこうした方が良いんだ!
という以前にはあった既成概念みたいなモノが、
自分の中で変わってきてるのかと思います。


そんなこんなで数回カウンセリングしてる方が多い今日この頃です。

41.jpg

鐘馗 in progress