News/Blog

Concerning the Occupation

Blog 2018.06.25 Monday

男にとって仕事=人生と捉えている日本人は多いのではないかと思います。

仕事にまつわる刺青。


コックならナイフ、医師ならメス、彫師ならノミかガンか。
美容師ならハサミと言いたい所ですが、服飾関係も裁ちバサミを使います。
敢えて独自のモノとなるとコームでしょうか。

それでも普通にコーム彫ってもなぁと言う事で日本で言う所謂ジャックナイフならぬ"ジャックコーム"にしました。


switchbladecomb.png

本来はSwitch blade(comb)


switchcomb.jpg

このくらいラフにカッコつけ過ぎないモチーフは余裕を感じて良いですね。ファーストタトゥーではなかなか自身に受け入れられないでしょう。

若い方やファーストタトゥーの方に多い傾向なのですが、彫る事自体に意味があるとは考えず、彫るもの自体の意味を重要視しすぎるあまり、目で見るものという観点を軽視し過ぎて、自分さえ良ければいいというオーダーになってしまっているように感じる時があります。

どんな理由があって彫ったものでも、本人以外から見ればそのタトゥーは世に溢れかえっている絵画、写真、広告、様々な人や服や街のデザインと同じように勝手に他人の価値観で図られるモノです。
想いを目に見える形にするという事はそういう事です。他人の目にも晒される事です。

あくまでも見るものとしての観点を念頭に考えて頂ければと思います。


Work by Satoshi